読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく暮らす。大阪IT企業社長ブログ

大阪のIT企業「株式会社ロックシステム」代表取締役 岩元 仁のブログです。起業、会社について、セミナー、読んだ本の覚書。

IT企業が募集要項に載せるべきこと/ロックシステムとはどんな会社か

最近営業先でいろんな話を聞かせてもらっているのでそのメモ書き。

求職者が求めていること

色んな取締役や営業さんとお話をしていて求人要項で大事なことのアドバイスを頂いた。
それはずばり求職者の立場に立って考えること。
求職者が社員になるに辺りどういった点を重視しているのかをよく考える必要がある。

以前にブログにも書いたが私は長らくフリーランスで活動をしていた。
各種保険や給与の補償は無いが月額が多めにもらえるという働き方だ。
反面仕事が見つからなかった時、体を壊した時、技術的についていけなくなった時のリスクが存在する。
そのためフリーランスの人間がまず求めるのがお金だ。

そんな私にとっての素晴らしい会社とは

1.給料が多めにもらえる
2.残業が少ない
3.会社のしがらみが少ない

と考えていた。

しかし先日お話した求人広告会社の経験がある営業さんはおっしゃっていた。

それはフリーランスの人間の考え方です。
求職者が求めているものは保障です。

求職者は各種保険はもちろん今後どのようなキャリアを歩んでいくのか、そのためにどのような技術を習得していくのか、といったことを重要視している。求職者は将来への保障を求めているということだろう。

そうだったのか、、、
自身の社会人経験では(特にIT業界に入ってからは)仕事がなくなったら給料なし、とか仕事なくなったら即退職という環境だったので、フリーランスに全く抵抗がなかったし、むしろクビになりたくない人は客先での評価(人物的にも、技術的にも)を受けて仕事を獲得していくものと思っていた、、、

さらに言うならば1~3は現在の社員にわりと納得してもらってるのに、、、
こんなフリーランス思考の社員ばっかでよくやっていけるものだ笑


その他にも求人要項は難しい


例えば社員旅行についても悩んでいた時期がある。
今度法人設立2年目にして社員旅行に行く予定になっているのだが、これを求人要項に載せるのはプラスだろうか。
色んな求人担当者とお話をしていると載せたほうが良いようだ。

どこに悩む要素が?と思われるかもしれないが、今ならば社員旅行ウェルカムと思える私も、10年前だったら「社員旅行?慣れ合いうぜえ」と考えてたような気がする、というだけなんだけど笑

効果的なホームページを作るためにはでも書いていたが、八方美人な求人要項はいけない。

rocksystem.hatenablog.com

ロックシステムが欲しい人物像を明確にする必要がある。
またターゲットを明確にするのと平行して、ロックシステムはこんな想いをもった会社だ!という確固たるメッセージを伝える必要がある。社員旅行を例にすると「社員旅行うぜえ」と思われるのを避けるのではなく、「社員旅行最高!」となる求職者をターゲットにしていかなければならない。

全体的にもっと自社のスタイルをバンバンと前に出さないといけない、ということですね。
頑張ります。

ロックシステムはどんな会社か

ということで、改めましてロックシステムは

1.給料が多くもらえる
2.残業が少ない
3.会社のしがらみが少ない

という会社で、さらに

4.仕事がなくなっても会社全体でフォローする。
 (すぐクビにとかしません)
5.月1に全社員集まって飲み会をしている。
 (仲良しです)
6.さらに社長がやたら会社関係なしに人が山程集まる飲み会に誘ってくる。
 (友達とか彼女作れ)
7.社長がやたらボルダリングに誘ってくる
 (これは楽しいから)
8.社員旅行に行く。
 (仲良しです)

という会社です。

ということでロックシステムはこんな会社で働いてみたいあなたをお待ちしております!

特に組み込み系(C,C++)で三田勤務してくださる方、Java開発経験3年以上の方は弊社社員と一緒の現場でチーム組みたいと思ってるのでよろしくお願いします。

書き出してみると、考えれば分かることばかりで恐縮です。
結局自分のひねくれた考え方がいろんなことを難しくしているのかもしれない。
頑張ります。